環境・社会貢献活動

リサイクル活動

3つのRでゴミを減らします

地球の資源には限りがあります。資源を使って新しいものをどんどん作っては捨てていると、資源が足りなくなるだけでなく、ゴミ問題や公害問題などさまざまな環境問題を引き起こします。そこでイオンではゴミを少しでも減らすため、3つのRでゴミ削減に取り組んでいます。

3つのR

1 Reduce 

ゴミになるものを
できるだけ持ち込まない

2 Reuse 

できるだけ何度も使う
 

3 Recycle 

使えなくなったものは捨てずに
再原料化や熱化して再生利用する

1. Reduce の例 ハンガー納品で輸送用ダンボール箱やハンガーを減らします

□

衣料品売場でも、衣料品を陳列用ハンガーにかけたままお店に運び、そのまま売場に陳列するリユースハンガー納品を行っています。輸送にも陳列と同じハンガーを使用することで、従来、輸送時に使用していたダンボール箱や輸送用ハンガーを減らしています。

2. Reuse の例 リターナブルコンテナでダンボール箱の使用を減らします

□

イオンでは、野菜や果物を運ぶ時に何度でもくり返し使えるリターナブルコンテナを取り入れて、お店で捨てられるダンボールを減らしています。リターナブルコンテナのもう一つの特徴は、野菜や果物を産地でリターナブルコンテナに詰め、そのまま売場で「ばら売り」や「はかり売り」するシステムです。トレイなどの個別包装が省けるため、ゴミの削減にも効果をあげています。

3. Recycle の例 廃油も100%リサイクルしています

□

お店の惣菜コーナーでは、コロッケやから揚げなどの揚げ物を作るために毎日たくさんの食用油を使用しています。使い終わった油をそのまま捨てると川や海を汚します。イオンのお店では使い終わった油は100%回収し、回収した油はせっけんや飼料、肥料などにリサイクルされています。

店頭リサイクル回収を行っています

□

貴重な資源を捨てずに再資源化するために、イオンの店頭では紙パック、食品トレイ、アルミ缶、ペットボトルの回収BOXを設置しています。回収したアルミ缶や紙パックは「トップバリュ」の原料の一部に使用し再商品化するなど、循環型社会の構築に向けた取り組みを積極的に続けています。

店頭リサイクル回収 Q&A

Q1:
どんなトレイが回収できるのですか?
A:
発泡スチロール製の食品トレイです。楊枝を刺して“プチッ”とささるものであれば、無地、カラーを問わず回収しています。回収できないものは、お弁当用の硬い容器や透明のトレイ、納豆やしめじの容器、カップ麺の容器などです。また、必ずきれいに洗浄してご持参いただく事をお願いしています。
Q2:
スチール缶はどうして回収できないのですか?
A:
イオンリテール(株)のお店では、アルミ缶のリサイクルを専門に行っている会社に処理をお願いしていますので、今のところスチール缶はお受けしていません。
Q3:
どのようにリサイクルされるのですか?
A:
回収した容器は、リサイクルをする会社や行政に引き取られ、リサイクルされます。引き取り先は店舗によって異なっています。
Q4:
店頭回収したものを活用した商品を店舗で購入できますか?
A:

店頭回収した容器は、再度、商品化し、再びお店で販売する仕組みづくりにも取り組んでいます。たとえば、牛乳パックを30%、古紙を70%使用したトイレットペーパー、ペットボトルの再生ポリエステル綿を55%使用した枕、再生アルミ缶を100%使用した換気扇カバー、食品トレイを再生した行楽用のランチパックなどを「トップバリュ」として販売しています。

衣料品のリサイクル回収を行っています(SELF+SERVICE)

□

SELF+SERVICE

「SELF+SERVICE」はエコロジー・リサイクルをテーマに、おしゃれを楽しみながら環境に配慮できるライフスタイルを提案しているお店です。2002年、繊維のリサイクルに配慮した「エコメイトマーク」商品の販売を開始し、2003年からは自主回収をスタートしました。2007年からは販売した衣料品の全品回収(鞄・帽子など繊維製品を含む)を開始。ファイバーリサイクルに積極的に取り組んでいきます。

□詳細はこちら