【植樹活動報告】津波によって失われた被災地域のみどりを取り戻すため、「イオン 心をつなぐ森づくり植樹」を実施しています。今後10年に渡り、30万本の植樹を進めていきます。

第5回 南相馬市鎮魂復興市民植樹祭

実施日 2017年10月14日(土)
実施場所 福島県南相馬市原町区
参加人数 地域のお客さま 2,500名
イオンピープル 53名
植樹本数 4,000本(全体30,000本)
植樹した樹木 常緑広葉樹、タブノキ・シラカシ・アカガシなど
開会式で苗木の贈呈をしました。

南相馬市鎮魂市民植樹祭は、今回が第5回となります。イオンでは第1回植樹祭から参加し、毎年、苗木と参加者の皆さまへの飲料・軽食を支援しています。
朝から冷たい雨が降る中、参加者もスタッフの南相馬市の職員さんも泥だらけになりながら30,000本の広葉樹を植えました。
イオンでは福島県のイオンのOB会であるイオンクラブの皆さんも応援に駆け付け、慣れた手つきで植えていき、植樹に慣れていらっしゃらないお隣のグループの植樹作業も手伝いました。

ぬれた斜面で、足元に気を付けながら植えていきました。

2013年から始めた南相馬市での植樹本数は、11万8千本になったそうです。
また来年は、この場所で「第69回、全国植樹祭」が開催される予定です。

  • 前へ
  • 次へ
  • ボランティア活動報告
  • 各地での活動報告

記事一覧

震災に関するコンテンツ

  • ニュースリリース
  • イオンからのお知らせ
  • リンク集
  • 「被災地支援 イオン黄色いレシートキャンペーン」報告
  • 事業活動を通じた復興応援
  • 「がんばろう日本!応援募金」の実施について