株主・投資家の皆さま

個人投資家の皆さまへ

印刷する

イオンの歴史 いつの時代も「お客様第一」を追求し、革新を続けるイオン

  • 1758年~ 前史
    1758年

    岡田惣左衛門が四日市久六町で岡田屋創業

    岡田屋に始まる近代経営

    イオンの源流のひとつである岡田屋は、1758年に三重県四日市で創業しました。1887年には、創業の地を離れ、新しい繁華街に店舗を移転。

    店を家の大黒柱にたとえ、お客さまの変化に対応し、本来動かしてはならない大黒柱も動かして対応すべきとした家訓「大黒柱に車をつけよ」は、このとき生まれたのです。また、当時は交渉による価格決定が主流でしたが、「すべてのお客さまに平等に」という信念から正札販売を開始。さらに、「見競(みくらべ)勘定」という複式簿記や、従業員の昇進条件などを記載した店規則の導入など、時代に先駆けた改革を行いました。1920年の恐慌下では、在庫の価格を大幅に下げて売出し、さらに値下がりした品を仕入れて破格値で販売する「暴落大売出し」を実施。「下げにもうけよ、上げでもうけるな」という家訓が生まれました。岡田屋(1890~1900年頃)岡田屋(1890~1900年頃)

    [▼ 続きを読む]

  • 1887年
    四日市の辻に移転。「大黒柱に車をつけよ」の家訓が生まれる
  • 1920年
    「暴落大売出し」を実施、「下げにもうけよ、上げでもうけるな」の家訓が生まれる
  • 1937年
    二木一一がフタギ洋品店を創業
  • 1946年

    戦後初の大売出しを開催、基本理念のひとつ「小売業は平和産業」が生まれる

    小売業は平和産業

    第2次世界大戦で店舗を焼失した岡田屋は、終戦の翌年(1946年)3月に営業を再開。7月には大売出しを実施しました。そのキャッチフレーズ

    は「焦土に開く」。チラシを握り締めて「やっと平和になりましたね。ありがとう」と涙ぐむお客さまの姿に、当時社長であった岡田卓也(現イオン(株)名誉会長相談役)は「小売業の繁栄は平和の象徴」であると実感。この考えを受け継ぎ、イオンは現在も「平和」を基本理念のひとつとしています。戦後初の大売出しのチラシ戦後初の大売出しのチラシ

    [▼ 続きを読む]

  • 1955年
    井上次郎がシロを創業、服地の小売からスタート
  • 1964年

    「オカダヤ・マネジメント・カレッジ」創設

    教育は最大の福祉

    小売業は日々お客さまに接し、人と人との関わりを基盤とする人間産業。イオンは、教育による従業員の能力の向上が、より高いお客さま

    満足につながり、同時に職業人としても人間的にも成長することが従業員にとって最大の福祉であると考えます。1959年に小売業初となる登用試験制度を導入。1963年には小売業としていちはやく大卒定期採用を開始しました。1964年には企業内大学「オカダヤ・マネジメント・カレッジ」を設立。その精神は現在の「イオンビジネススクール」まで継承され、革新に挑戦する企業家精神を育んできました。アジア各国においても同様に現地スタッフの育成に取り組んでいます。

    [▼ 続きを読む]

  • 1969年~ ジャスコ誕生と連邦制経営
    1969年

    ジャスコ株式会社誕生

    ジャスコ誕生

    1968年5月、「小売業の近代化」を目指し、三重県を中心に店舗展開する岡田屋と、兵庫県を地盤とするフタギが提携を発表。そこに大阪府

    のシロも参画。1969年、ジャスコ(株)を設立しました。新社名は「Japan United Stores Company」の頭文字をとったもので、社内公募により決定。3社間での人事交流など、垣根を取り払い融和するための施策を推進し、「心と心の合併」を実践。提携の覚書に書かれた「今日以降、新しく参加される同志を平等に迎える」という姿勢は、現在にまで受け継がれています。左から 二木一一(フタギ)、井上次郎(シロ)、岡田卓也(岡田屋)左から 二木一一(フタギ)、井上次郎(シロ)、岡田卓也(岡田屋)

    [▼ 続きを読む]

    株式会社ダイヤモンドシティ設立

    ニーズを先取りした事業

    ジャスコ(株)の設立からわずか1カ月後の1969年3月、三菱商事(株)との共同出資により日本初の商業専業ディベロッパーである(株)ダイヤ

    モンドシティを設立。モータリゼーション社会の到来を先取りした本格的なショッピングセンター(SC)開発を行い、郊外型SCをプラットフォームとするビジネスモデルの基礎となりました。1981年には日本クレジットサービス(株)(現イオンクレジットサービス(株))を設立。“小売”“金融”“ディベロッパー”が連携してお客さまのくらしをトータルにサポートする、現在のグループの姿へと続いていきます。(株)ダイヤモンドシティによる1号店 東住吉ショッピングセンター(株)ダイヤモンドシティによる1号店
    東住吉ショッピングセンター

    [▼ 続きを読む]

  • 1974年

    東名阪3市場に同時上場

    株式上場と全国展開

    1974年9月、ジャスコ(株)は東京・大阪・名古屋の3証券取引所の第2部への株式上場を果たしました。近畿・中部地区中心の営業体制から首

    都圏を含めた全国展開を視野に入れたうえでの上場でした。その2年後、東京・大阪2本社制を敷いて、日本全国への展開を加速。集中と分権を柱とする独自の「連邦制経営」をベースに着実に成長を続けました。東京・大阪・名古屋 3市場に同時上場東京・大阪・名古屋 3市場に同時上場

    [▼ 続きを読む]

    プライベートブランド「ジェーカップ」を開発・発売

  • 1976年
    東京都千代田区神田錦町に東京本社を設立
  • 1980年~ 経営の多角化・国際化
    1980年
    ミニストップ株式会社設立
  • 1981年
    日本クレジットサービス株式会社設立
  • 1985年

    海外初出店、マレーシアに
    「ジャヤ・ジャスコストアーズ ダヤブミ店」オープン

    80年代に始まる海外展開

    1984年9月、「マレーシアの流通近代化に貢献してほしい」という同国のマハティール首相(当時)の要請に応え、現地企業との合弁でジャヤ・

    ジャスコストアーズ(現イオンマレーシア)を設立。1985年6月、クアラルンプール市街中心地に、記念すべき海外1号店「ジャヤ・ジャスコストアーズダヤブミ店」をオープンしました。その後も海外展開に力を注ぎ、各国の子会社が1994年に香港証券取引所、1996年にクアラルンプール証券取引所メインボードに上場。そして、2012年には日本、中国、アセアンの3本社体制を確立しました。ベトナム 1号店「イオンモールタンフーセラドン」ベトナム 1号店「イオンモールタンフーセラドン」

    [▼ 続きを読む]

  • 1989年~ ジャスコからイオンへ
    1989年

    「ジャスコグループ」から「イオングループ」へ改称

    イオン宣言

    1989年9月、「ジャスコグループ」から「イオングループ」に、2001年8月には「ジャスコ株式会社」から「イオン株式会社」に名称変更。

    これを機に、イオンの基本理念を具現化するための行動指針である「イオン宣言」を策定しました。イオンは過去の成功体験に固執することなく、「お客さま第一」を実践するために革新への挑戦を続けています。「イオングループ」に名称変更「イオングループ」に名称変更

    [▼ 続きを読む]

  • 1991年
    第1回「イオン ふるさとの森づくり」を「ジャヤ・ジャスコストアーズマラッカ店」で実施
  • 1997年
    会社更生手続き開始申し立て中のヤオハンジャパン株式会社への協力開始
  • 2001年

    ジャスコ株式会社からイオン株式会社に社名変更し、グループ名称を「イオン」に改称

    株式会社マイカルの支援を表明

  • 2007年
    電子マネー「WAON」誕生
  • 2008年
    イオン株式会社が純粋持株会社に移行
  • 2011年~ アジアNo.1リテイラーを目指して
    2011年

    イオン中国本社、アセアン本社を設立

    イオンリテール株式会社、株式会社マイカル、イオンマルシェ株式会社の3社を統合
    総合スーパーの名称を「AEON」に統一

  • 2012年
    仏カルフール社のカルフール・マレーシア事業を買収
  • 2013年

    銀行持株会社イオンフィナンシャルサービス株式会社が誕生

    株式会社ダイエーが連結子会社に

    植樹累計1,000万本を突破

    イオンリート投資法人が上場

  • 2014年

    ベトナム1号店「イオンモールタンフーセラドン」オープン

    カンボジア1号店「イオンモールプノンペン」オープン

  • 2015年

    ウエルシアホールディングス株式会社が連結子会社に

    ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社が株式会社マルエツ、株式会社カスミ、マックスバリュ関東株式会社の共同持株会社として発足

    インドネシア1号店「イオンモールBSD CITY」オープン

ページの上部へ戻る

当ウェブサイトに掲載している株主・投資家向け情報は、イオン株式会社および関係会社の財務情報、経営情報、事業内容、経営方針・計画等をご理解いただく目的としております。
その安全性や正確性についていかなる表明・保証を行うものでもありません。詳しくは免責事項をご確認ください。