株主・投資家の皆さま

経営方針

印刷する

CEOからのメッセージ

「お客さま第一」の理念のもと、アジアNo.1のスーパーリージョナルリテイラーを目指します 2015年8月 代表執行役社長 グループCEO 岡田 元也
株主・投資家の皆さまへ

平素はイオングループへのご支援とご理解を賜り、厚く御礼申し上げます。
当社グループは300を超える企業を有し、連結営業収益では7兆円を超えるまでに成長いたしました。小売を基点に金融、ディベロッパー、サービスと多様な事業が互いに補完しつつ、シナジーを発揮しながらグループの成長を支えています。
昨年は株式会社ダイエーの完全子会社化やウエルシアホールディングス株式会社の連結子会社化、さらには首都圏におけるスーパーマーケットの連合体となるユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社の設立など、成長分野におけるグループの事業基盤を拡大しました。そして、本年は「お客さま第一」「地域密着」「現場主義」を実現する新たなグループ経営体制の確立に向けた組織改革を実施し、より一層の収益向上に取り組んでいます。

成長領域へのシフト

当社は、2020年に向けたさらなる成長を実現するべく、イオングループ中期経営計画(2014~2016年度)を策定し、グループ共通戦略として、「アジア」「都市」「シニア」「デジタル」という4つの成長領域へのシフト、並びに「商品本位の改革」を推進しています。
経済成長著しいアジアでは、昨年出店したベトナム、カンボジアに続き、本年新たにインドネシアにモール型ショッピングセンター1号店を開設しました。地域のお客さまに新しいライフスタイルをご提案するべくグループ各社が連携し、イオングループの総合力をいかしたマルチフォーマットでの事業展開を図っています。
また、商品においては、地域に根ざした商品の仕入れを強化するほか、ますます多様化するお客さまのライフスタイルに対応するべく、「ヘルス&ウエルネス」のコンセプトに基づく新しい「トップバリュ」商品の開発等を進めています。

サステナブルな経営の実践

イオンの成長の原動力は最大の経営資源である「人材の多様化」です。とりわけ我々のお客さまの大半を占める女性や、海外の現地法人における経営の現地化を進め、各地域の方々に活躍いただくことが重要であると考えています。当社は今後、国内外のグループ会社の女性管理職比率を2020年に50%に引き上げる目標を掲げるとともに、多様な言語や文化、価値観を身に着けた人材の採用や育成に取り組み、持続的なグループ成長を図ってまいります。

絶えず革新し続ける企業集団として

当社は「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」という基本理念のもと、絶えず革新し続ける企業集団として、「お客さま第一」を実践してまいりました。これからもグローバル水準の経営品質と地域に根差した経営により、名実ともにアジアNo.1のスーパーリージョナルリテイラーを目指してまいります。
株主の皆さまには、今後とも長期的なご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

以上

ページの上部へ戻る
ページの上部へ戻る

当ウェブサイトに掲載している株主・投資家向け情報は、イオン株式会社および関係会社の財務情報、経営情報、事業内容、経営方針・計画等をご理解いただく目的としております。
その安全性や正確性についていかなる表明・保証を行うものでもありません。詳しくは免責事項をご確認ください。