株主・投資家の皆さま

経営方針

印刷する

ディスクロージャー・ポリシー

基本方針

イオン株式会社は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまが、当社へのご理解を深めていただけるよう、当社に関する重要な会社情報の適時・適切な開示を行ってまいります。

ページの上部へ戻る
情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しています。原則としてTDnetにて公開した情報に関しましては、当社ウェブサイト上にも速やかに掲載することとしています。また、適時開示規則に該当しない情報を開示する場合にも、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に当該情報が投資家の皆さまに伝達されるよう配慮しております。

ページの上部へ戻る
沈黙期間

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表日前の一定期間を沈黙期間に設定しております。沈黙期間は、本決算、四半期決算ともに、概ね 決算発表日前の4週間としております。これらの期間中は、決算情報に関するご質問への回答やコメントを差し控えさせていただいております。ただし、沈黙期間中に、公表している業績予想と著しく異なる見通しが発生した場合には、適宜、TDnet等により情報開示を行います。

ページの上部へ戻る
将来の見通しについて

当社ウェブサイトに掲載されている、業績予想や事業計画等のうち、歴史的事実以外のものについては、当社の判断による将来の見通しであり、これらは作成時点において入手可能な情報による判断および仮定にもとづいています。将来、経済情勢や諸制度の変更等などの不確定要素の影響を受け、実際に公表される業績等が見通しとは異なる可能性があることをご承知おきください。

ページの上部へ戻る
ページの上部へ戻る

当ウェブサイトに掲載している株主・投資家向け情報は、イオン株式会社および関係会社の財務情報、経営情報、事業内容、経営方針・計画等をご理解いただく目的としております。
その安全性や正確性についていかなる表明・保証を行うものでもありません。詳しくは免責事項をご確認ください。