エコプロ

エコプロ

エコプロは環境への関心の高いビジネスパーソンや一般消費者、行政・自治体、NPO、環境教育を目的とした学生、報道関係者など、環境を取り巻く多様なステークホルダーが一堂に集う展示会です。
イオン環境財団は2017年よりブース出展を行っております。

エコプロ2019

日時:2019年12月5日(木)~7日(土)10:00~17:00
場所:東京ビッグサイト 西3ホール

今回で3回目の出展となる本年は、7月に当財団が連携協定を締結した、一般財団法人 リモート・センシング技術センター(理事長 池田 要)の協力を得て、「宇宙から地球を観測した 衛星画像を使って、自然環境の変化や森の大切さを学ぼう!」をテーマに、環境問題をより科学的・ 客観的に楽しく学べるブースを展開しました。
宇宙から撮影した衛星画像は、国境もなく広い範囲をひと目で見ることができます。この画像 データを活用して、森林の減少、地球温暖化、砂漠化など地球規模の環境問題を可視化し、 森を守ることの大切さを学ぶミニ環境教室やパネル展示、ワークショップなどを開催しました。

  • (月)ミニ環境教室の画像
  • (火)ミニ環境教室の画像
  • (水)ワークショップの画像
  • (木)アンケートの画像
  • (日)エコワン発表の画像

エコプロ2018

日時:2018年12月6日(木)~8日(土)10:00~17:00
場所:東京ビッグサイト

3日間を通じて多くの子どもたちがブースを訪れ、イオンの環境活動について学ぶとともに、全国のユネスコエコパークのドングリや間伐材を使ったストラップ作りでは、エコパーク担当者の説明に熱心に耳を傾けながら、楽しそうに取り組む姿が見られました。

  • エコプロ2018_ドングリや間伐材を使ったストラップ作り01
  • エコプロ2018_ドングリや間伐材を使ったストラップ作り02
  • エコプロ2018_イオン環境活動展示パネル

エコプロ2017

日時:2017年12月7日(木)~9日(土)10:00~17:00
場所:東京ビッグサイト

12月7日~9日、東京ビッグサイトで日本最大級の環境展示会「エコプロ2017」が開催され、イオン環境財団として初めてブースを出展しました。
「環境と教育」をテーマに、イオン環境財団の取り組みを紹介したほか、ユネスコエコパークの間伐材を利用したストラップづくりやクイズラリーなどを実施し、生物多様性の保全について学んでいただきました。

  • エコプロ2017_イオン環境財団ブース
  • エコプロ2017_間伐材を利用したストラップづくり