環境・社会貢献活動

イオン社会福祉基金

イオンは、全国の障がい者の方々の社会活動への参加促進、障がい者福祉の向上を図ることを目的に、1977年に「イオン社会福祉基金」を設立しました。
この基金は労使双方がひとり当たり毎月50円ずつ(労使双方で100円)を積み立てるもので、「福祉車両の贈呈」と「ボランティア活動」を柱とした社会福祉活動を行っています。2016年2月時点で、グループ従業員約59,000人が加入しています。
2015年度は、12の障がい者福祉施設に福祉車両を贈呈。基金設立からこれまで贈呈した福祉車両はのべ63台になります。
また、ボランティア活動として、全国約1,000の障がい者福祉施設を訪問し、クリスマス会などへの参加を通じて施設の方々との交流を深めました。これまでに訪問した施設はのべ約10,900施設となりました。

□

千葉県佐倉市に贈呈した福祉車両(2016年5月)