名誉顧問 小嶋千鶴子を偲ぶ 名誉顧問 小嶋千鶴子を偲ぶ
2022年5月20日、イオン㈱名誉顧問 小嶋千鶴子が106歳で永眠いたしました。生前皆さまから賜りました数々のご厚情ご厚誼に対し、謹んで御礼申し上げます。
小嶋は1939年(当時23歳)、㈱岡田屋呉服店の代表取締役に就任。1959年、国内の小売業初とされる登用試験制度を導入し、実力主義の徹底を図りました。岡田屋の「教育は最大の福祉」との教えのもと、従業員の成長が企業の繁栄につながると考え、岡田屋とその後のジャスコ、イオンの発展を支える人材育成の基盤づくりに尽力しました。経営の一線から退いた後、パラミタミュージアムを開設したほか、若い芸術家への支援など、三重県の文化・芸術の発展に貢献しました。

小嶋千鶴子のあしあと

2022年7月25日 小嶋千鶴子を偲ぶ会

主な経歴

1916年3月3日
三重県四日市市に生まれる
1939年5月
(株)岡田屋呉服店 代表取締役
1954年7月
同社 監査役
1959年11月
(株)岡田屋 取締役
1969年2月
ジャスコ(株) 取締役
1972年6月
同社 常務取締役
1977年5月
同社 監査役
1981年5月
同社 相談役
1988年8月
同社 名誉顧問
2001年8月
イオン(株) 名誉顧問
2003年3月
パラミタミュージアム(三重県菰野町)開設
73歳の頃から陶芸をはじめる
3,000点の作陶を12年かけて達成