三重県 宮川植樹

三重県 宮川植樹(2005年~2009年)

 
植樹回数 5
合計植樹本数 8,100
合計参加人数 2,272

三重県 宮川村(現大台町)では、林業の担い手不足のため手入れが行き届かなくなった放置森林に、広葉樹との混交林づくりを行っていましたが、2004年9月の台風21号で土石流が相次ぎ大きな被害を受けました。荒れた林を、土砂崩れ防止、水源涵養、二酸化炭素吸収という森林本来の役割を蘇らせるという取組に賛同し、2005年から5年計画で大台町、みやがわ森選組とともにヤマモモ、クヌギ、アキグミ、ウバメガシ等を植樹しました。

第5回植樹

植樹日 2009年11月15日(日)
植樹本数 2,000
参加人数 366

第4回植樹

植樹日 2008年11月16日(日)
植樹本数 900
参加人数 191

第3回植樹

植樹日 2007年11月17日(土)
植樹本数 1,200
参加人数 344

第2回植樹

植樹日 2006年11月11日(土)
植樹本数 1,000
参加人数 271

第1回植樹 財団設立15周年記念植樹

植樹日 2005年10月16日(土)
植樹本数 3,000
参加人数 1,100