生物多様性みどり賞(国際賞)
2018年度 受賞者フォーラム

2018年10月31日、パレスホテル東京において「The MIDORI Prize for Biodiversity 2018受賞者フォーラム」を開催しました。

フォーラムでは、The MIDORI Prize 2018の受賞者3名による講演と受賞者への質疑応答を、末吉竹二郎氏(イオン環境財団評議員、公益財団法人世界自然保護基金(WWF)ジャパン会長)をモデレーターに迎えて行いました。

開催日程

2018年10月31日

開催場所

パレスホテル東京2F 葵

講演内容

  • 「保護地域:生物多様性の保全と人間福祉の基盤」

    キャシー・マッキノン氏
    国際自然保護連合(IUCN)世界保護地域委員会(WCPA)議長(イギリス)

  • 「HIMA:ある一つの生活様式 平和へのミッション」

    ※HIMA:伝統的な地域主体の保全システム(アラビア語で「保護地域」の意)
    アサド・セルハル氏
    レバノン自然保護協会(SPNL)事務局長( レバノン)

  • 「生物多様性損失における政策ーなぜ人は、違いを生み出すか」

    アブドゥル・ハミド・ザクリ氏
    前マレーシア首相付科学顧問(マレーシア)



参考

アーカイブ