生物多様性みどり賞(国際賞)
歴代受賞者

※受賞者のプロフィールは受賞当時のものとなります。

2016年受賞者

アルフォンソ・アギーレ=ムーニョス

島嶼(とうしょ)生態系保全グループ 事務局長 (メキシコ)

多くの固有種が生息し豊富で多様な生態系を有するメキシコの島嶼地域において、侵略的外来種の駆除をはじめとする保全の推進にたゆまぬ努力を続けてきた。市民・女性・ユース・民間セクター等の多様なステークホルダーと連携しながら、4万ヘクタールを超える島嶼地域を生物圏保護区に設定。2016年には東太平洋に浮かぶ「メキシコのガラパゴス」レビジャヒヘド諸島のユネスコ世界遺産登録に貢献した。

ユーリ・ダーマン

世界自然保護基金ロシア アムール支所 所長 (ロシア)

ユーリ・ダーマン

淡水生態系への影響を懸念し、ロシア極東のアムール地域においてダム建設反対キャンペーンを5回にわたり実施。アムールトラ等、象徴的な希少種を旗印に個体数の回復に貢献した。科学的知見と伝統的知見を統合したアプローチにより設立された広大な国際連携保護区は、ロシア国境を越え中国・モンゴルにも及ぶ。生物多様性と気候変動の相互関係にも着目し、多くの人々に影響を与えながら難題に取り組み続けている。

ヴァンダナ・シヴァ

ナウダーニャ 創設者・代表 (インド)

ヴァンダナ・シヴァ

「アース・デモクラシー(大地の民主主義)」の思想に基づき、農家の権利と生物多様性を守る伝統的な有機農法の普及等、主に農業・食糧分野において草の根活動を展開。社会的弱者や女性の視点に立ち、揺るがぬ信念をもって、生物多様性やバイオセーフティに関する世界との対話に貢献を果たしてきた。遺伝資源にかかる公正/衡平な配分にも寄与するモデルを実践し、持続可能な社会作りにも大きな貢献を果たしている。

2014年受賞者

カマル・バワ

カマル・バワ

インド
アショーカ生態学環境研究トラスト(ATREE、インド)代表

アルフレッド・オテング=イエボア

アルフレッド・オテング=イエボア

ガーナ
ガーナ生物多様性委員会 議長

ビビアナ・ヴィラ

ビビアナ・ヴィラ

アルゼンチン
ビクーニャ/ラクダと環境 学際研究プロジェクト(VICAM)代表
アルゼンチン学術研究会議(CONICET) 主席研究員

2012年受賞者

フアン・カルロス・カスティーリャ

フアン・カルロス・カスティーリャ

チリ
チリ カトリカ大学生態学部 教授

ロドリゴ・ガメス=ロボ

ロドリゴ・ガメス=ロボ

コスタリカ
コスタリカ生物多様性研究所(インビオ)代表<

ボ・クイ

ボ・クイ

ベトナム
ベトナム国家大学ハノイ校自然資源管理・環境研究センター名誉総長


2010年受賞者

ジャン・ルミール

ジャン・ルミール

カナダ
生物学者 探検家 映画製作者

グレッチェン・C・デイリー

グレッチェン・C・デイリー

米国
スタンフォード大学 教授

エミル・サリム

エミル・サリム

インドネシア
インドネシア大統領諮問会議 議長



2010年 国際生物多様性年特別賞 受賞者

アンゲラ・メルケル

アンゲラ・メルケル

ドイツ
ドイツ連邦国首相