設備投資

当社グループ(当社及び連結子会社)では、積極的な経営戦略に基づいて立地環境の変化に対応した店舗の統廃合を進めています。2018年2月期はディベロッパー事業を中心に全体で4,817億27百万円の設備投資を実施しました。

設備投資推移グラフ

  • GMS事業においては、7店舗の新規出店、9店舗の閉店を実施するとともに、それぞれの商圏の特性に合わせた既存店舗の改装等に努め、設備投資額は734億6百万円となりました。
  • SM事業においては、SMの新規出店43店舗、閉店40店舗、DSの新規出店30店舗、閉店35店舗と、継続的な出店により各エリアにおける店舗網の拡大に努めるとともに、「ミニストップ」の当連結会計年度末の国内及び海外の総店舗数が5,436店舗、「まいばすけっと」は積極的な出店により680店舗とするなど、設備投資額は756億25百万円となりました。
  • ドラッグ・ファーマシー事業においては、ウエルシアホールディングスグループ全体で111店舗の新規出店、24店舗の閉店を実施し、出店エリアの拡大とドミナント強化に積極的に取り組み、設備投資は238億61百万円となりました。
  • 総合金融事業においては、イオンクレジットサービス㈱や㈱イオン銀行などの総合金融事業会社が、多様化する顧客ニーズやボリュームの拡大に対応するため、次世代システムへの投資を継続して実施したこと等により、419億11百万円の設備投資となりました。
  • ディベロッパー事業においては、イオンモール㈱及びその連結子会社が国内で新規SCを5箇所開設、既存SCを14箇所リニューアルするとともに、海外で新規SCを5箇所開設すること等により、設備投資は国内では1,701億31百万円、海外では338億86百万円となりました。
  • サービス・専門店事業においては、㈱イオンファンタジーによる積極的な新規出店や既存店活性化の投資等により、設備投資額は317億31百万円となりました。
  • 国際事業においては、GMS2店舗(マレーシア1店舗、インドネシア1店舗)、SM9店舗(タイ5店舗、カンボジア3店舗、ベトナム1店舗)の出店等により、設備投資額は200億81百万円となりました。
  • その他事業においては、モバイルマーケティング事業などにおいて、6億53百万円の設備投資を実施しました。
  • 純粋持株会社及び商品供給等を行っている会社においては、104億36百万円の設備投資を実施しました。
なお、上記設備投資額は支払ベースの金額であり、無形固定資産、長期前払費用及び差入保証金を含めて記載しています。また、上記の記載金額には、消費税等は含んでおりません。

IRコンテンツ全リスト