使い捨てプラスチックの削減

資源を使い捨てにしないライフスタイルを一緒に目指しませんか?

使い捨てプラスチック、使い捨て資源の削減

レジ袋の削減

イオンは、1991年よりマイバッグ持参を呼びかける「買物袋持参運動」を開始し、お客さまとともに使い捨てプラスチック製レジ袋の削減に取り組んできました。2007年にジャスコ東山二条店(京都)でレジ袋の無料配布中止をスタートし、2013年には全国の総合スーパー「イオン」の食品売場へ拡大、その後、「マックスバリュ」等でも取り組みを進め、2020年4月にグループ会社のすべての売場でレジ袋の無料配布を終了しました。現在では、80%以上のお客さまがマイバッグでのお買い物にご協力くださり、2021年度は約32億万枚のレジ袋を削減しました。

【NEW】総合スーパー25店舗でプラスチック製レジ袋の販売を終了し、紙袋(有料)に切り替えます

使い捨てプラスチックの使用を更に削減するため、2023年3月1日よりイオングループの総合スーパー25店舗の衣料・暮らしの品、日用品等の売場レジでの有料プラスチック製レジ袋の提供を終了し、レジ袋が必要なお客さまには、環境に配慮したFSC認証紙を使用した紙袋を販売します。
この取り組みを通じて、お客さまへマイバッグ使用を更に呼びかけるとともに、最適な資材の準備、自治体との連携を進めてまいります。

実施店舗:グループの総合スーパー5社の25店舗

事業会社・店舗所在地 対象店舗
イオン北海道㈱ イオン札幌発寒店、イオン旭川西店、イオン旭川駅前店、イオン旭川永山店
イオン東北㈱・山形県 イオン山形北店、イオン山形南店
イオンリテール㈱・京都府 イオンスタイル京都桂川、イオンスタイル京都五条、イオン京都西店、イオン洛南店、イオン伏見プラザ店、イオン福知山店、イオン高の原店、イオン久御山店
イオンリテール㈱・広島県 イオン宇品店、イオンスタイル広島祇園、イオンみゆき店、イオン広店、イオン三原店、イオンスタイル尾道、イオンスタイル広島府中、広島段原ショッピングセンター
イオン九州㈱・福岡県 イオン若松店、イオンショッパーズ福岡店
イオン琉球㈱ イオン南風原店

レジ袋削減の歩み

レジ袋削減の歩み 1991年から2023年3月1日開始の取り組みまでの年表

レジ袋の販売収益金の活用

レジ袋の販売収益金は、各エリアの自治体・団体等に寄付し、緑化や植栽帯の管理・清掃など、地域の環境保全活動に役立てていただいています。2007年から続けている2021年度までの累計金額は約11億5,936万円になりました。

レジ袋の販売収益金を活用した環境保全活動の一例

イオンのマイバスケット

お買物の際にお持参いただく「お持ち帰り専用かご」。レジ精算後の詰め替えの一手間を省く、便利な使い方を紹介します。

イオンのマイバスケットは、

・バイオマス配合プラスチックを使用しています。
・ご不要になった場合はご購入時にお預かりした代金を返金します。
・マイバスケットは、レジ袋の削減を目的に、個人のお客さまが日々のお買物に使っていただくことを想定しており、商用など個人のお買物以外でのご利用はお断りしています。
・マイバスケットは一部取り扱いのない店舗もございます。

マイバスケットのご利用方法

1)店内の設置されているカゴをマイバスケットに重ねます。

マイバスケットのご利用方法

2)そのままカートにのせてショッピング。

マイバスケットのご利用方法

3)レジで、店内カゴからマイバスケットに移し替え。買物袋への入れ替え不要で、そのままご自宅へお持帰り。

マイバスケットのご利用方法

「レジゴー」と組み合わせて、スマートに

マイバスケット×レジゴーのご利用方法

1)お買物カートにマイバスケットをのせて、レジゴー端末、または、スマホ※を準備。

マイバスケット×レジゴーのご利用方法

2)お買い求めになる商品のバーコードをスキャンして、商品をマイバスケットへ。

マイバスケット×レジゴーのご利用方法

3)レジゴー専用レジでお支払い。買物袋への入れ替え不要で、マイバスケットごとお持帰り。

マイバスケット×レジゴーのご利用方法

プラスチックカトラリーの削減

イオンではお客さまにお渡しするスプーンやフォークなどを順次木製や紙製などの環境配慮素材に切替え、年間約150トンのプラスチックを削減します。木や紙も限りある資源として大切にし、使う分だけお持ちいただくよう呼びかけ、使い捨てをしないライフスタイルをお客さまとともに目指してまいります。

環境配慮素材の一例

※店舗によって取り扱いは異なります。

環境配慮素材のスプーンやフォーク