「廃棄物ゼロ」への取り組み

イオンの「廃棄物ゼロ」取り組みコンセプト

「リデュース」「リユース」「リサイクル」の3Rの手法で、廃棄・燃焼し、埋め立てに回るゴミをゼロにしていきます。取り組みにあたっては、お客さまをはじめとするステークホルダーと連携し、資源循環型社会の構築に寄与します。

イオングループ食品廃棄物削減目標

食品廃棄物を2025年までに半減(2015年度比)

発生原単位(売上百万円あたりの食品廃棄物発生量)で2020年までに25%削減、2025年までに50%削減。

食品資源循環モデルの構築

店舗・生産者・リサイクル業者等の連携による地域循環モデルを2020年までに全国10カ所・グループ1,000店舗以上で構築。

店舗・商品での取り組み

「リデュース」「リサイクル」の取り組みを推進し、食品廃棄物の削減をしています。

地域とともに

地域のステークホルダーと連携して、リサイクルループの構築等を通じて食品廃棄物を削減しています。

お客さまとのコミュニケーションを通じて

お客さまとともに食品廃棄物を削減しています。