コーヒー豆の生産者

フェアトレードのコーヒー豆生産者を訪ねて

フェアトレードのコーヒー豆生産者を訪ねて

イオンはトップバリュ製品に対して、品質だけでなく従業員の人権、労働安全や環境等に関するコンプライアンス全般の基準(イオンサプライヤーCoC)を策定し、国内外の製品委託先さますべてに遵守を依頼し、その状況を確認しています。*
そのため、原料生産者支援が目的のフェアトレードにおいて、原料生産者組織にも同様の視点で、従業員の権利や安全が守られているか確認する必要があるのではと考えました。
今回の生産者訪問の際、作成したチェックリストに基づいて、イオンサプライヤーCoC要求事項とともに、FLO認証が継続されているか、プレミアムが有効に使用されているかなどを確認してきました。

グアテマラ共和国 フェデコカグア

メンバー生産者組合 コデパ訪問

生産者はこんな人

コロンビア共和国 アンティオキア生産者協同組合

メンバー生産者組合 EBEJICO(エビヒコ)訪問

コーヒー豆の果肉を除去する機械を一斉に修理

アンティオキアが派遣したスタッフによる農薬研修

生産者はこんな人

タンザニア共和国 カゲラ生産者協同組合

アフリカ大陸の東海岸にあるタンザニア。1961年の独立以降、ルワンダとの戦争や干ばつの影響で経済悪化し、貧困率は30%を上回る世界最貧国の一つ。
タンザニアには、日本からドバイ経由やドーハ経由の便もありますが、今回はアブダビとナイロビを経由して渡りました。ルワンダとの国境の近く、カゲラ州ビクトリア湖西岸にあるKagera Co-Operative Union(カゲラ生産者協同組合KCU) は、125の組合で構成され、集結している生産者の数は60,000にも及ぶ組合連合です。組合の主な取り組みが有機栽培の支援です。実はKCUはタンザニアで初めてのオーガニックコーヒーを輸出した組織なのです。高品質なコーヒーの生産や生産者の生活を支援してゆくことで、お客さまの満足を生み、さらなる収入向上につながることを目指しているのです。
インタビューはKCU運営に携わる4名にヒアリングと書類の確認を行いました。
カゲラ生産者協同組合では、スタッフ規則が策定されており、採用年齢も規定に基づき正規雇用は18才以上、臨時でも法令の15歳以上を守っています。
タンザニアは女性の地位が低いので、女性リーダーの育成に努めています。125組合のうち15%が女性リーダーで、理事7名の中にも女性が1名入っています。
環境に関しても、独自のマネジメントポリシーを策定し、農薬使用量を減らし、有機農法を目指しています。農薬については、KCUの農業指導者が使用農薬や散布方法を指定し指導していますが、現状はほとんど農薬を使用しておらず、有機栽培に近いとのこと。

フェアトレード・プレミアムは、各組合3名が参加する(総勢375名)総会で多数決にて決められます。毎年、出荷数量か組合数で按分かも採決で決めています。今年は組合数で按分となったそうです。フェアトレードの研修や研修所の修繕を差し引いた額が各組合で按分され、各組合でコミュニティに還元されます。

メンバー生産者組合 カゲゲ訪問

カゲラのスタッフとともに125ある組合の一つカゲゲを訪問。カゲゲは250名の組合員からなり、運営はカゲラ規定に準じています。傷病に関しては社会保障基金に、組合と個人で分担して加盟金を支払っています。
私たちの訪問に合わせ、多数の生産者を集めてくれていました。
環境マネジメントポリシーを策定中で、カゲラと同様、農薬使用量を減らし、有機農法を目指しています。
フェアトレードについては、みなが理解していて、2012年にも監査を受けていることも知っていました。
今年のフェアトレード・プレミアムの使い道としては、学校の避雷針設置やヘルスセンターの運営や研修費に充てる予定とのことでした。
これまでもヘルスセンターの無料診察、カトマセカンドスクールの修繕など、地域の人たちに利益を還元しています。

生産者に講義するカゲラスタッフ

十分にインフラが整備されていない地域や不安定な政治、治安の悪さなどに加え、世界の取引相場に翻弄されるコーヒー豆の生産者。今回訪問した3つの組織は、生産者が集まり小規模な組合を作り、その組合がいくつも集まり大きな生産者組合を形成しています。
大きな組織にすることで、対外的な競争力が増し、相互扶助の仕組みが確立されていました。

プレミアムによりサポートされたヘルスセンターと校舎の修理が行われたカトマセカンドスクール

トップバリュのフェアトレード・コーヒーをお客さまにご購入いただくことで、フェアトレードのプレミアムが、彼らのこのような活動の一助になっていることを、今回の視察で確認しました。
これからもトップバリュのフェアトレードへのご支援、よろしくお願いします。